スポンサードリンク


チャーガ

チャーガ(Chaga,Charga)とはキノコの一種です。和名をカバノアナタケ(樺孔茸または樺穴茸)と呼ぶように白樺の木に寄生するキノコです。10年から15年と長い年月をかけて寄生した白樺のエキスを吸いながらゆっくりと成長するのが特徴です。



学名はInonotus Obliquusで、タバコウロコタケ科サビアナタケ属のキノコです。ロシア、中国、フィンランド、北海道東部などの寒冷地に分布する耐寒性のキノコで成長が遅いために希少とされ「幻のキノコ」と呼ばれています。



チャーガの外見は石炭のような黒く硬い塊で、表面は黒くひび割れたような亀裂が縦横に走っていて、中身は黄褐色です。10cm〜20cmの大きさになるのに10年以上かかり、最後には寄生した白樺の木を枯らせてしまうことから、「白樺の癌」と呼ばれることもあります。



チャーガが、日本で広く知られるようになったきっかけはロシアのノーベル賞作家ソリジェニツィンの小説「ガン病棟」であることは有名です。ロシアの民間療法としては、古くから利用されてきたチャーガです。



チャーガは、白樺の木に寄生することで、白樺の樹皮に含まれる抗がん成分として知られているベツリン酸を人体が吸収しやすい形で濃縮して含んでいます。



さらに、白樺の樹液に含まれるミネラルやサポニンなどを濃縮して含んでいます。そして、キノコ類特有の免疫力を高めるβグルカンなどの多糖類の他、抗菌作用や抗がん作用をもった成分も見つかっています。



チャーガは、煎じて茶として利用します。味は無味無臭に近く、癖が無いのが特徴です。「良薬口に苦し」とよく言いますが、チャーガには当てはまらないようです。



飲み方としては例えば、沸騰したお湯(約2リットル)にティーバック1パックを入れ、中火で約5分を目安に煮出して下さい。



お好みに応じて、火を止めてポットで保温するか、湯冷ました後、冷蔵庫で冷してお召し上がり下さい。



なお、煮出した後、ティーバックをそのまま入れておくと、味が変わる場合があることから、必ず取り出して下さい。



チャーガ茶は、抗ウイルス作用に優れ、免疫力を高め、抗酸化作用はアガリクスの23倍もあるといわれていることから、ガンの予防と改善(特に消化器系のガン)、エイズなどの抗ウィルス作用、糖尿病の予防と改善、アトピー性皮膚炎の予防、アレルギー性の病気の予防、慢性肝炎・慢性腎炎の改善、心臓病・心筋梗塞の予防、脳梗塞・脳血栓の予防、血圧の正常化作用、肥満の予防、滋養強壮と不老長寿、喘息や痔の予防、風邪やインフルエンザの予防、慢性関節リウマチの予防、消化促進作用、免疫力強化作用などが期待されています。

チャーガ茶 最新一覧 By 楽天
タグ:チャーガ
posted by Charga at 16:34 | チャーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。